自動車保険見直し

自動車保険の特約

自動車保険には「特約」というものがあります。
必ず入らなければならない「自賠責保険」と、万が一に備えて入る「任意保険」、そしてさらにお金を払って補償内容を手厚くするというのが「特約」です。
例えば「弁護士特約」というものがありますが、これは事故を起こしたときに弁護士費用がかからないという特約です。

そして、特約にはもう一つの考え方があり、「補償内容を限定することによって、保険料を下げる」というものがあります。
例えば「家族限定特約」をつけると、家族以外が車を運転して事故にあった場合、保険金は支払われませんが保険料自体は安くなります。

特約の基本をおさえていれば、必要な補償だけをピンポイントで手厚くして、必要でないものを減らす・限定することができるので、自動車保険の保険料の節約にもなります。

おすすめの特約

特約には様々な種類があり、保険会社によって取り扱っていないもの・名称が違うものもありますが、ここでは付けておきたいおすすめの特約をご紹介したいと思います。

弁護士特約

弁護士特約は絶対と言っていいほど付けておきたい特約です。
「明らかに相手が悪いだろ!」という事故のときも、保険会社に相談すると「対応できません」「直接相手と話し合ってください」とつき返されることがあります。

これは保険会社がサボっているわけではなく、弁護士法によって示談ができないからなのですが、自分で直接相手に請求するのも大変ですよね。
相手が無保険だったり、「100%そっちが悪い!」と言って保険会社に連絡してくれなければ、示談は平行線のままです。

そこで、弁護士に相談するのですが、弁護士費用は1時間1万円なんてのもザラです。
なので「弁護士特約」に加入しておくことで、無料で相談できるわけです。

自分が起こした事故なら自分の保険会社が示談を代行してくれますが、相手が100%悪い場合こちらの保険会社はサポートしてくれず、相手も損害賠償を払ってくれなかったら損ばかりしてしまいますからね。