自動車保険見直し
自動車保険見直し > 自動車保険見直し > 自動車保険の特約の種類

自動車保険の特約の種類

自動車保険の特約には「お金を追加で払って補償を手厚くするもの」と「補償内容を限定することによって保険料を安くするもの」の2種類があります。
保険会社によって呼び方が違ったり、取り扱っていないものあります。

補償を手厚くしてくれる特約

弁護士特約

事故のときの弁護士費用を補償してもらえる特約。
相手が100%悪い事故の場合、こちらの保険会社のサービスを受けることはできず、相手が無保険だったり、逆に「100%そっちが悪い」と言って自分の保険会社に連絡しないこともあります。
その場合、弁護士に相談して示談を代行してもらうのですが、弁護士費用はかなり高額です。
そこで、弁護士特約を使うことで、弁護士費用を払うことなく、弁護士に示談を代行してもらうことができるわけです。

ペット搭乗中補償特約

被保険者、またはその家族のペットが車で事故にあい、死傷したときの治療費や葬祭費が支払われる特約。

身の回りの品担保特約(車内手荷物等損害特約)

ゴルフバッグやデジタルカメラなど、車内に置いてあるものが事故で破損した場合に補償される特約。
車上荒らしなどの盗難も補償対象です。

個人賠償責任特約

日常生活の事故で、被保険者またはその家族が他人に対して賠償責任を負わなければいけないときに補償される特約。
車以外の事故でも、自転車で相手を引いてしまった、飼っている犬が他人に噛み付いてケガをさせてしまった・・・
というときにも補償されます。
なので、火災保険とセットになっていることもあるので、その場合は自動車保険で個人賠償責任特約をつける必要はありません。

ファミリーバイク特約

被保険者またはその家族が、バイクで事故を起こしてしまったときに補償される特約。
バイクには専用の保険があるのですが、自動車保険と一緒にしておくことで管理が便利になります。
また、バイク専用の保険よりも保険料が安いというメリットがあり、大学生で原付に乗られる息子さん・娘さんにおすすめの特約です。

対物臨時費用担保特約

対物事故で発生したときに補償される特約。
事故に対する損害賠償自体は「対物賠償保険」によって補償されますが、被害者に対する菓子折り代や・花代・交通費などの細かい費用を補償してくれるのが、この特約です。

レンタカー費用特約

事故や盗難にあって車が使えなくなったときのレンタカー代を補償してもらう特約。

ファミリー傷害特約

被保険者とその家族が”車以外”の事故でケガをしてしまったときに補償される特約。
補償範囲は「夫婦」だったり「自宅外のみ」という風に限定されていることが多いです。

事故付随費用担保特約

事故で車が使えなくなったときに発生する損害を補償してくれる特約。
例えば、車で旅行中に事故にあった場合のホテル宿泊代のキャンセル料金、事故車の運搬料金、帰宅の飛行機代・電車代・バス代などを補償してくれます。
車での旅行が多い方におすすめです。

他車運転危険担保特約(他車運転特約)

他人の車で事故にあったときに保障される特約。
こちらは、基本的に全ての自動車に自動で付帯されています。