自動車保険見直し

対人賠償保険とは

対人賠償保険とは、相手の車に乗っている人、歩行者、同乗者など「他人」を死亡またはケガさせてしまったときに補償される保険です。
車を購入すると自賠責保険の加入が義務付けられていますが、相手を死亡させてしまった場合、賠償金が億を超えることがほとんどで3,000万円補償されても足りません。

そこで、自賠責保険では足りない部分を補ってくれるのが「対人賠償保険」というわけです。

この保険に加入していなければ、被害者に対して十分な賠償を支払えず、被害者だけではなく加害者である自分も苦しむことになるので、任意保険ではあるものの加入する方がほとんどで、保証金額も無制限にされるのが一般的です。

対人賠償保険の対象に家族は含まれない

対人賠償保険の対象はあくまでも”他人”ですので、家族が保険の対象になることはありません。
例えば、旅行中のパーキングエリアで誤って自分の子どもひいてしまいケガをさせてしまった・・・という場合、対人賠償保険が支払われることはありません。

また、家族を車に乗せているときに、電柱にぶつかって全員大怪我をしてしまった場合も支払われることはありません。

さらに、友人に運転してもらい自分が助手席に乗っていたときに事故にあった場合、運転していた友人にも保険が支払われることはありません。
運転していた友人は「被保険自動車の運転者」に当てはまるので他人扱いにならず、保険も適用されないわけです。

もし、後部座席に別の友人が乗っていた場合は、後部座席の友人にだけ保険が適用されます。

このように、対人賠償保険の保険対象者は明確に決まっていますので、事故の際に保険が適用されず「こんなはずじゃなかった・・・」とならないようにしっかりと確認しておきましょう。