自動車保険見直し
自動車保険見直し > 自動車保険見直し・保険加入 > バイクに乗る学生向け自動車保険

バイクに乗る学生向け自動車保険

高校生や大学生になるとバイク、特に原動機付自転車(原付)に乗る人も多くなります。
バイクに乗る人の中には「保険の事はよくわからない」「保険料が高くて払えない」「原付だから保険は必要ない」などの理由で任意保険に未加入と言う人も多いようですが、原付やバイクも自動車と変わりませんから、保険の加入は必須となります。

しかし学生が保険に加入する時に一つ問題なのが、保険料が高いということ。

バイクの任意保険には自動車と同じく等級制度があり、最初は割引が小さく、保険料は高くなります。
さらに16~20歳の場合は、年齢条件の影響もあり、負担がさらに大きくなってしまいます。
月に9,000円前後、年間10万円を越える保険料も珍しくありません。

しかし、バイクに乗る学生には保険料をグッと抑える方法もあります。

そこで今回は「保険料を抑える方法」「絶対に入っておきたいバイクの任意保険」をご紹介したいと思います。

自動車保険料が安い!ファミリーバイク特約とは

バイク保険料を抑える方法としては「ファミリーバイク特約」へ加入する方法があります。

ファミリーバイク特約とは、125cc以下のバイクまたは原付にのみ有効な特約です。
保険料がかなり安く、年間7000円~3万円以下に抑えることができます。
通常の保険と比べて3分の1まで抑えることができるわけですから、かなりお得かと思います。

特約加入条件

  1. 同居家族の誰かが任意の自動車保険に加入している
  2. バイクが125cc以下

親が自動車保険の記名被保険者なら、別居の子(未婚・婚姻歴なし)も特約に加入することができるので、大学生で親と離れて暮らしている場合でも有効になります。

バイク任意保険とファミリーバイク特約の補償内容の比較

任意のバイク保険 ファミリーバイク特約
対人賠償 無制限 無制限
対物補償 無制限 無制限
自損事故 1,500万円 1,500万円
無保険車傷害 2億円 2億円
搭乗者傷害 200~500万円 補償なし
人身傷害補償 1,000万円~ 1,000万円~
車両保険 付帯可能 付帯可能

両者の補償内容にはほとんど差がありませんが、任意のバイク保険の保険料は10万円、ファミリーバイク特約は自損事故タイプで8,000円前後、人身傷害補償タイプでも2~3万円ですから、ファミリーバイク特約の方が断然お得だと言えます。

ファミリーバイク特約のメリット・デメリット

ファミリーバイク特約のメリット

  • 保険料が安い
  • 年齢条件なしなので誰でも利用可能
  • バイクが何台でも補償可能
  • 借りたバイクで事故を起こしても補償される
  • 特約を使っても等級に影響しない

ファミリーバイク特約のデメリット

  • 自動車保険をやめると特約もやめなければならない
  • 人身傷害補償タイプは少し割高
  • 等級による割引が期待できないので、10年以上使用するなら不向き

等級割引がないことからもわかるように、学生の内の3~4年だけファミリーバイク特約を利用し、社会人になったら任意のバイク保険に入るのがよいでしょう。

また、バイク保険・特約は同じ保険内容でも保険会社によって保険料の安さが違うので、しっかりと比較をしておきましょう。

大手バイク保険を比較するなら【ズバットバイク保険比較】

絶対に入っておきたいバイクの任意保険

対人賠償保険

バイクに乗っているときに相手の車に乗っている人、歩行者、同乗者など「他人」を死亡またはケガさせてしまったときに補償される保険です。
補償上限は無制限に設定しておくのがおすすめ。

自賠責保険でも対人に対する補償はありますが、上限が3,000万円と少なく、死亡事故では億越えの賠償も珍しくないので、入っておいたほうがいいでしょう。

対物賠償保険

こちらはガードレールや電柱を壊してしまったときに補償される保険です。
こちらも無制限に設定しておくのがおすすめ。

事故で電車を止めてしまったときも賠償金を払わないといけないので、加入しておかなければ大変なことになってしまいますからね(笑)

搭乗者傷害保険

入通院日数や後遺障害の程度に応じて契約で決められた金額を補償してもらえる保険です。
500万円に設定しておくのがおすすめです。

入っておきたいバイクの特約

さらに、保険内容を手厚くしたい場合は特約への加入がおすすめです。
特に「弁護士費用特約」「事故故障付随費用特約」は事故にあったときにかなり役立ちます。

弁護士費用特約

相手が100%悪い事故のときは自分の保険会社が出てくることはありませんから、相手が「賠償金は支払わない!保険会社にも連絡をしない!」となった場合は、弁護士を雇い、示談に持ち込まなければいけません。
しかし、弁護士の費用は決して安くないですよね。

弁護士費用特約に入っておけば、示談による弁護士費用を補償してもらうことができます。
特に、相手が任意保険に加入していない場合は、弁護士抜きで賠償金(慰謝料や治療費など)を受け取ることは100%無理なので、入っておいたほうがいいでしょう。
保険料は年間2,000円~3,000円程度ですから、加入して損はありません。

事故故障付随費用特約

バイクが故障したり事故を起こして自走できなくなった時にレッカーを無料で手配してくれる特約です。
また、事故現場から自宅までの交通費、宿泊費、旅行中のホテル代のキャンセル料など補償してもらえます。

バイクでツーリングに出かける人も多いでしょうか、入っておいても損はありませんよ。
こちらも保険料は年間2,000円~3,000円程度です。

以上の任意保険と特約に加入しておけば、ほとんどの事故のときに対応することができるかと思います。
「どの保険に加入すればいいか分からない」という方は、これらの保険内容で保険に加入してみてください。

大手バイク保険を比較するなら【ズバットバイク保険比較】