自動車保険見直し
自動車保険見直し > 自動車保険見直し・保険加入 > 自動車保険見直しで地震対策

自動車保険見直しで地震対策

地震・噴火・津波による車の被害は車両保険では補償されません。
車を運転する人ならば災害時に車の被害を補償されたいですよね。
以前は、「地震・噴火・津波危険車両損害補償特約」という車両保険では補償されない災害による被害を補償する特約がありました。
しかし、この特約は現在新規契約をすることはできません。
自動車保険は火災保険の地震保険と違い、国が保険料の半分を負担してくれることがないので保険会社にとってはリスクが大きすぎるのです。
そこで新しくできたのが「地震・噴火・津波車両全損時一時金特約」です。

地震・噴火・津波車両全損時一時金特約とは?

地震・噴火・津波車両全損一時金特約とはその名のとおり、地震等の災害が起きた時に車が破損した場合に保険金が支払われる特約のことです。
年間5,000円支払えば災害時に最大50万円支払われます。
しかし、支払われるのは全損した場合のみとなりますので注意してください。
ボンネットに少しキズが付いた場合や、例えば地震でモノが落ちてきてフロントガラスが割れた場合等も全損とみなされず支払われることがありません。
全損で50万円、それ以外は0円のシビアな特約とも言えますね。

地震への裏技的自動車保険見直し

しかし地震・噴火・津波車両全損時一時金特約で50万円を支払われたとしても、高級車両なら代替車両は買えません。
「中古車購入、新車なら頭金になる」というのが保険会社の考えですが、実際に保険として機能を果たせるかは加入者の条件によって異なるでしょう。
ですが条件が合わないからといって地震に無対策というわけにもいきませんよね。
そこで地震で被害をこうむる他のリスクへの対策を、裏技的対策としてご紹介します。
車両が全損するほどの災害ならば家屋もただではすまない。
そこで火災保険の地震に対する補償を充実させることで、車両購入の資金をまかなう方法があります。

東京海上日動 超保険

東京海上日動 超保険東京海上日動の超保険なら、「住まいの補償」に地震保険を付けることで地震の被害を50%補償。
さらに同社オリジナルの「地震危険等上乗せ補償特約」を付け足すことで100%まで補償が可能となる。
これにより、家財等の補償が万全となり、地震・噴火・津波車両全損時一時金特約に入らずとも車両購入に資金を充分にまわせる、という考えです。

自動車保険一括見積り


自動車保険一括見積り
自動車保険会社22社を一括見積りできる