自動車保険見直し

外車の自動車保険見直し

外車(輸入車)は国産車と比べて保険料が高いと思われがちです。
きっと外車が高そうな車というイメージから、保険料も高そうと考えてしまうのでしょう。
しかし実際には外車だから、国産車だからという理由では保険料が高くなることはありません。
車両保険料は一般的に「車両価格」と「車両料率クラス」によって決まります。
車両保険とは、自分の車の損害を補償してくれる保険です。
他の保険に比べ保険料が割高ですが、例えば400万で買った車で事故を起こした場合に修理費を全て自分で負担するのは大変なので、高級車に乗っている方は車両保険に入ることをオススメします。

車両料率クラスとは?

なかでも、車両料率クラスは保険料が決まる大きな要素です。
車両料率クラスは1~9段階あり、高級車は7~9、一般的なファミリーカーは3~5など分けられ数字が大きいほど保険料が高いです。
また、車両料率は車種ごとの統計上での事故率や盗難率など保険金が支払われるリスクが高い車種ほどクラスが高くなり、車の大きさや輸入、国産などは関係ありません。
なので、例えば外車のフォルクスワーゲンはクラスが4ですが、国産のスポーツカーであるスカイラインなどはクラスが7~9という場合があり、国産車の方が外車よりも保険料が高い場合があります。

車両保険の注意!

外車の方が国産車よりも保険料が安い場合があると言っても、やはり高級車となると保険料は高いです。
高級車は車両盗難率や車の部品が高額だったり、若い人が高級車を買い無茶な運転をして事故を起こすケースが多いことから、車両料率のクラスが高いそうです。
また、年代が古くても希少価値の高い車種や価値を特定しづらい並行輸入車などもクラスが高いようです。
そして、そのような高級車は保険会社によっては車両保険を断られる場合がありますので注意してください。
自動車保険を各社で比較する場合は、車両保険に入れるか各社で見積もりをしてもらうようにしましょう。
自動車保険一括見積り


自動車保険一括見積り
自動車保険会社22社を一括見積りできる