自動車保険見直し

*

  • 自動車保険に義理で加入していませんか?
  • 自動車保険会社のサービスや特約の違いを理解していますか?
  • 事故を起こしたとき、ロードサービスの保障内容は安心ですか?
  • 愛車が、台風や地震災害で被害にあった時の保障に入っていますか?
  • 今の保障内容で保険料は高く感じていませんか?

保険料見直しで5万円の節約も現実に 保険料が安くなった

30代家族の実例で見る自動車保険が安くなったコツを紹介

保険料見直し自動車を買ったら、ディラーのすすめで自動車保険に加入する人がほとんどです。
僕もそうでしたから・・・。
毎月11,170円。年間にすれば約13万円。
これをほぼ10年間払い続けきたわけで、ある日ネットサーフィンしていると目に止まったのが「自動車保険一括無料見積り」のサイトです。
試しに必要事項を入力したら、驚いたのが同じ保障内容でも保険会社によって、保険料がこんなに差が出るということです。
今までディラーが勧めた保険を何も疑わずに更新していたのを後悔しています。
保険一括見積もりサイトを運営するウェブクルーのデータ(右図参照)では見積価格が3万~5万円安くなった人が全体の25%もいますし、実際に僕もそうでした。
30代というと、子育て、教育、持ち家購入などプライベートや仕事に何かとお金が必要です。自動車保険は見直すことによって大幅に保険料が安くなることも可能です。
30大家族が自動車保険を見直した実例を動画で紹介。
この実例を見てもわかるように、保険料は年に一度しか見直しができないのです。
更新日を1日でも過ぎれば高い保険料を払い続けるはめになります。
同じ保障内容で保険料が数万円も節約できるなら、無料見積りで比較しないと損です。
たった数分の入力で保険料の見直しができるチャンスを活かして会計簿を節約してお小遣いや教育費や、外食、旅行に回したいものですね。 見積もりしたからといって、しつこい保険の勧誘や加入の義務もないから安心です。

失敗しない自動車保険選びの見直しガイド!

自動車保険見直しに通販型保険と代理店型保険を比較」。
過失割合に保険会社の大小は関係あるのか?
示談交渉面でのメリット・デメリット、サービス・特約など制度改正で消費者負担増を逃れるためにも最適な保険を見極めることがポイント!
地震で被害にあった愛車を守る保険はあるのか?損しない見積り取得や災害時の保障など、意外と知らない自動車保険の落とし穴や得する裏技など売れ筋自動車保険を査定しながら、おすすめの保険会社を人気ランキング!
自分と愛車を守り、被害者に迷惑をかけない自動車保険見直しを徹底ガイド!

自動車保険一括見積り 自動車保険一括見積り 自動車保険会社22社を一括見積りできる
損しない自動車保険3つのポイント
保険料が安いダイレクト通販型を狙え!
まず、保険料を安くしたい場合、選択肢としてダイレクト通販型の自動車保険がおすすめ!
代理店型はそもそも代理店手数料が保険料に加算されているため、どうしても保険料が割高になってしまう。
もし大手損保の代表される代理店型に加入しているなら、通販型の2~3社で一括見積りを取るだけでその安さを実感できます。
通販型の場合、自分で保険の内容を熟知しない負担はあるが、そんなに大きな違いはないので保険料を安く抑えられるメリットは魅力。
自分にあったロードサービスを選ぶ
通販型にも実は「安い」「高い」の違いがあります。一見するとわかりにくいが、保障内容やロードサービスの内容が値段相応ということも少なくないのです。ペットの有無・遠出ドライブの頻度、使用目的など自分のライフスタイルで選ぶロードサービスは変わってきます。見積り結果だけに満足せずに本当に欲しい保障が足りているかを確認するのが大切です。さらに走行距離や年齢などの諸条件を設定することで、よりドライバーを絞込、条件に合う人を安くするお得なケースもあります。
保険料を減らすワザを駆使する
自動車保険料は、必要な保障を見極めるほか、商品をきちんと理解すれば想像以上に削ることができます。
・1日限定の格安保険活用
・免責額を高く設定
・余剰な保障は削る
・長期契約を活用する
・等級を親族に引継ぐ
一括見積りで保険見直し